低料金で動物看護師の学習ができる専門学校について

キーワードを含め紹介(右より画像)後は学費さえなんとかなれば・・・ 

動物病院で動物看護師として働きたい!

そんな強い願望を持っている方であっても、
一番重要なのが、学費ではないでしょう。

 

動物看護師になるためには、
大学、専門学校、短大、通信制のいずれかで学ばないといけません。

 

とはいえ、大学は4年間、短大や専門学校では2年間学ぶ必要があります。
また、大学、専門学校、短大では1年間の学費が安くても、
100万円程度かかります

 

これに加えて、生活費や教科書代もかかるわけです。
また、大学、専門学校、短大の場合には、
実習や講義がいっぱいあるので、
アルバイトをして生活費や学費をまかなうことができません。

 

つまり、大学、専門学校、短大に通える方は、
比較的裕福な家庭ということになります。

 

しかし、そんなに高額に学費を支払えないけど、
動物看護師になりたい方はたくさんいます。

というより、家庭が裕福かどうかで、
動物看護師の適正が決まるわけではありません

 

裕福かどうかよりも、
どれだけ、動物のことを愛しているかと体力があるかどうかが、
動物看護師になれるかどうかの適正です。

 

たとえば、動物看護師にお仕事には、入院動物の管理があります。

入院している動物の場合には、
当然のことながら、24時間の看護が必要です。
ちょっと目を離したすきに動物の呼吸が止まってしまうようなことは
よくあることです。

 

したがって、動物看護師は、
徹夜で病気の動物の看護をすることだってあるわけです。

 

ということで、動物看護師になるために重要なのは、
お金持ちかどうかではなく、動物への愛情と体力次第なわけです。

 

もし、あなたが動物への愛情や体力であれば
誰にも負けないという自信があるのなら、
通信制の動物看護師養成学校をおすすめします。

 

通信制の学校は学費が10万円以下ですし、
しかもあなたの好きな時間に好きな場所で勉強することができます。

 

そのため、働きながらでも動物看護師になることができます。

もし、通信制の学校に興味がわいてきた方は、
以下から、無料の資料を手に入れて検討してみましょう。

 

こちら動物看護士になるなら
ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】

低料金の学校でも問題ありません

一般的な動物看護師を養成する学校の学費が
100万円くらいかかるのに、どうして、通信制の専門学校の学費は安いのか?

そんなに安いのでは、動物看護師になるための学習ができないのではないか?

と、よく質問を受けますね。

 

しかし、学費が安いということと、学習内容が悪いこととは必ずしもイコールではありません。なぜなら、通信制の専門学校の学費が安いのは、単純に学校が存在するための場所代や常勤の講師の給料代がかからないからです。

 

たとえば、大学なんて、あれだけ大きな建物と土地であったら、
軽く億はかかるでしょう。しかも、毎年の固定資産税だってバカになりませんよね。

 

また、大学の教授の年収は約1千万円と言われています。

ということは、学生の学費が100万円でも、
学生10人いないと、教授1人雇えません。

 

ところが、通信制の学校であれば、
あなたが動物看護師の学習をしていてわからないところを
質問しても、時間をかけて、講師が答えてくれますが、
常に学校にいるわけではないのです。

 

そのため、講師に支払う給料だってかなり安いのです。

 

そういった理由から、通信制の学校の学費は安いだけです。
もちろん、通信制であっても、スクーリングといって、
卒業するまでに何回かはしっかりと犬を使った実習もしますので
犬を触ることなく、動物病院に就職するわけではありませんので、
その辺はご安心ください。

Copyright © 低料金で学べる動物看護師の専門学校をご紹介します All rights reserved